【報告】ブラジルWEEK inつるみ2016特別企画フォトコンテスト「ぼくらのつるみライフ-外国につながる子どもたちの写真撮影ワークショップ-」

 

鶴見国際交流ラウンジでは、2016年9月17日(土)に「ぼくらのつるみライフ-外国につながる子どもたちの写真撮影ワークショップ-」を行いました。外国につながる生徒児童やその保護者の方、合計16名の方々の参加があり、地元の鶴見フォトクラブの講師のみなさんの指導のもと、ラウンジのボランティアスタッフのみなさんと鶴見の街を歩きながら写真撮影を行いました。

 

はじめに鶴見フォトクラブの講師の方から、子ども向けにわかりやすい写真撮影についての講習がありました。それから、子どもたちは2つのグループに分かれてラウンジボランティアのみなさんと鶴見の街を歩きながら写真撮影を行いました。

 

子どもならではの視点で切り取られた鶴見の街の写真は大人が感心するほどすばらしいものでした。また、ラウンジのボランティアのみなさんとは、街の昔の様子や近所のおいしい店についてなどのお話をすることができ、とても良い情報交換の機会になったのではないかと思います。子どもたちはこれから約2週間の間、家庭や近所で写真を撮り3点の作品をラウンジに提出することになっています。

 

子どもたちが撮った写真は、10月20日(木)から21日(日)までの4日間、鶴見区民文化センター、サルビアホール3階の音楽ホール横の通路に展示される予定です。力作ぞろいですので、ぜひご来場ください。

 

0%ef%bc%91

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、カメラの構え方やシャッターの切り方などについての講習を受けました。

20

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講師の先生の指導のもと、熱心にカメラを構える子どもたち

30

 

 

 

 

 

 

 

 

 

付き添いの保護者の方も熱心にカメラを構えます。

50

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鶴見川でも写真撮影を行いました。

60

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良い撮影ポイントがないか一生懸命探しています。